The N.P.A ドック・カウンセリング
Clinical record / カルテ

The N.P.Aのカウンセリングを受けたお客様の感想や体験談です。

 No.001 小春のカルテ
娘の高校入学を機に、かねてから娘が欲しがっていた犬を飼う事にしました。

会社の近くでたまたま見かけた白黒の犬の印象が強く、後で調べたらボーダーコリーという犬種で、一緒にフリスビーで運動も出来るという事もあり、ボーダーコリーを飼う事に決めました。
それから近くのペットショップでもうすぐ生まれるということで予約をしたのですが、なかなか縁がなく2年待った末にやってきたのが小春でした。

しかし、何しろ初めての犬。
こちらも犬の予備知識がほとんど無い状態でそのうえ室内で犬を飼う、という感覚も分からなかったのです。
とりあえず家の中でウロウロされるのが嫌だったので最初は特定の部屋から出さないような暮らしから始めてしまいました。
けれどわずか一ヶ月でやはり可愛さに負けて自由にウロウロさせるように・・・
後から考えれば、この時はまだ小春の事をただの「犬」としか見ていなかったような気がします。
それを感じ取っていたのか、小春もこちらと接触する時はいつも身構えていたように見えました。なにせ、小春を買い始めたのが11月、初めて寝顔を見せてくれたのが1月のことだったのですから。
それぐらい、私たちと小春の間の溝は最初から深く開いてしまいました。

散歩にいけるようになると、また新たな問題が次々と浮かび上がってきました。
人に吠える。犬に吠える。車を追いかける。の三大問題。
どうしたらいいのか分からなくて、様々な躾けの本を読み漁り、色々な方法を試しました。
でも、小春の問題行動は治りませんでした。
ここでもやはり「犬」の躾を施していただけであり「小春」そのものとちゃんと向き合ってこなかったからではないかと、今では思います。
この頃、妻が週一回のしつけ教室に通い始めました。
なかなか引っ張り癖や散歩の時に犬に向かっていく問題行動が収まらず、私たちはまだ小春と上手くコミュニケーションが取れていなかったようです。

そんな小春にも、大好きなものが一つありました。
幼い頃から遊んでいたディスクです。

ただ一緒に遊んでいただけで「持って来い」も何も上手く行っていなかったとき、現在所属させていただいているMPDCのスクール案内をネットでたまたま見かけ、興味を持ち、出かけてみました。
そこで様々な事を教えていただき、The N.P.Aの大会に出てみては、と勧められ、そこからディスク・ドックの大会に参加するようになりました。
一枚のディスクならどんどんキャッチしてくれる小春。
それが嬉しくて今度はフリースタイルもやってみたい、そう思うようになりました。
しかし。
複数のディスクになった途端、小春はディスクを追わなくなってしまったのです。
原因が分からず、どうして追わなくなったのか知りたくて初めてThe N.P.Aのセミナーに参加しました。
そこでThe N.P.Aの代表の村上朱音さんとじっくり話す機会ができ、我が家の場合ディスクをするか訓練をするかどちらかにしないと上手くいかない、ディスクには訓練で禁止していることも教えていかなければいけないこともある、と教えていただきました。
セミナーの帰りのことでした。
朱音さんが、「小春が来た時と違う顔になったよ」と言うと、その言葉に反応したかのように人が苦手だった小春が自ら朱音さんの足元に擦り寄り、まるで「ありがとう」と言っているような仕草を見せたのです。
それからすぐにしつけ教室をやめることにしました。
The N.P.Aの大会で複数のディスクを楽しそうに追う小春

本当にたくさんの事を禁止して、常に怒っていた生活が続いていたので、やめる時に妻はホッとしていたようです。
いつも小春と向き合うときは気を張っていたので、これからはもう怒らなくてもいいと言われて素直に小春を可愛がる事ができるのを嬉しく感じました。
妻はその後、大会で朱音さんに「小春が笑っているよ、お母さんがニコニコしているからだよ」と言われたときは本当に嬉しかったようです。
そして毎週のようにスクールやセミナー、大会に参加するようになり、フリースタイルの大会にも何とかではあるものの、参加できるようになりました。
人嫌いが激しい小春も、みんなにかまってもらい、少しづつ人に打ち解けるようになってきました。
先日のセミナーでは、ディスクをなかなかキャッチしてくれなかった小春に朱音さんが「キャッチだよー!」と大きな声をかけ、キャッチしようと走る小春に「すごいすごい!」と誉めてくれました。
小春は普段大きな声を掛けられると、どうしたら良いのか分からなくなってしまい、オロオロしてしまう事が多いのですが、朱音さんの声にはちゃんと反応してディスクをキャッチしてくれました。
その後に「誉め方が良くないからキャッチをしてくれないんだよ」と朱音さんに教えてもらっていると、また小春が朱音さんの所にすりすりして私の方を見るのです。
まるで「そうでしょ?パパは誉め方が下手なの」と言っているかのようでした。

小春が我が家に来てから4年。まだまだ私たちの関係は勉強中で、朱音さんには今もたくさんの事を小春から伝えてもらっています。
けれど、いつかは小春と直接話が出来るように・・・!


小春が輪を広げてくれたおかげでたくさんの方々と知り合うことができ、私も小春もみなさんと一緒にディスクドッグスポーツをスポーツとして、また小春とのコミュニケーションとして、もっともっと楽しんでいきたいと思っています。

 お問い合わせ
〒272-0134 千葉県市川市入船14-8
代表 村上 朱音 / Murakami Akane
TEL 047-399-5735
FAX 047-399-5734
メール mailto:the-npa@mb.neweb.ne.jp


[ 戻る ]



| TOP | COUNSEL | CONTACT | MODEL DOG | EVENT | GOODS | SCHEDULE | LINK |



当サイト内で使用されている画像・文章・その他すべての情報等を無断で使用・複製・転載・配付・加工することを禁じます。
Copyright ALL @ The N.P.A / Sports Photograph Studio. All rights reserved.No part of this website may be printed, copied, or reproduced without the expressed permission of the author